泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バスと赤ちゃん

東京にいた今から16年程前の12月も半ば過ぎたころの話です

私は体調を壊し、週二回、中野坂上の病院に通院していました

その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日でした

昼近くになって、病院の診察を終えバス停からいつものようにバスに乗りました

バスは座る席はなく、私は前方の乗降口の反対側に立っていました

社内は暖房が効いていて、外の寒さを忘れるほどでした

まもなくバスは東京医科大学前に着き、そこでは多分病院からの帰りでしょう、どっと多くの人が乗りあっという間に満員になってしまいました

立ち並ぶ人の熱気と暖房とで先ほどの心地よさは一度になくなってしまいました

バスが静かに走り出したとき、後方から赤ちゃんの火のついたような泣き声が聞こえました

私には見えませんでしたが、ギュウギュウ詰めのバスと人の熱気と暖房とで、小さな赤ちゃんにとっては苦しく泣く以外方法がなかったのだと思えました

泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せて、バスは新宿に向い走っていました

バスが次のバス停に着いた時、何人かが降り始めました

最後の人が降りる時、後方から、「待ってください 降ります」と、若い女の人の声が聞こえました

その人は立っている人の間をかきわけるように前の方に進んできます

その時、私は、子どもの泣き声がだんだん近づいて来ることで泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだな、とわかりました

そのお母さんが運転手さんの横まで行き、お金を払おうとしますと、運転手さんは「目的地はどこまでですか?」と聞いています

その女性は気の毒そうに小さな声で「新宿駅まで行きたいのですが、子どもが泣くので、ここで降ります」と答えました

すると運転手さんは「ここから新宿駅まで歩いてゆくのは大変です目的地まで乗っていってください」と、その女性に話しました

そして急にマイクのスイッチを入れたかと思うと「皆さん!この若いお母さんは新宿まで行くのですが赤ちゃんが泣いて、皆さんにご迷惑がかかるので、ここで降りるといっています子どもは小さい時は泣きます。赤ちゃんは泣くのが仕事です。どうぞ皆さん、少しの時間、赤ちゃんとお母さんを一緒に乗せて行って下さい」と、言いました

私はどうしていいかわからず、多分皆もそうだったと思います

ほんの数秒かが過ぎた時、一人の拍手につられてバスの乗客全員の拍手が返事となったのです

若いお母さんは何度も何度も頭を下げていました

今でもこの光景を思い出しますと、目頭が熱くなり、ジーンときます

私のとても大切な、心にしみる思い出です




というココロ暖まる話しを教えていただいたので紹介しました

多分、小さいお子さんを持つお母さんならきっと一度は同じ思いをしていると思います

優しい気持ちになれました
スポンサーサイト
  1. 2012/10/20(土) 00:01:51|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大輝くんのクジラ




東京ディズニーランドのそばにあるシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル。

その屋上に、クジラの絵が描かれているのをご存知ですか?




沖縄の少年・石川大輝くんは4人兄弟の末っ子で、当時は小学校2年生。

「家族全員でディズニーランドに行きたい!」という大輝くんの夢でした。

しかし大輝くんが抱えていた病気は、神経芽細胞腫という交感神経にできる小児がんのひとつでした。

5歳で発病し、それからは入退院を繰り返していました。




たまたまボランティアさんの中に、このシェラトンのホテルの重役さんと知り合いの方がいて、夢の実現のために協力をお願いしたところ、宿泊料を無料にしてくれたのでした。

しかも、当日はホテルの前で大勢のホテルマンが一家をお出迎え。

部屋にはボランティアさんとホテル従業員の手によって、にぎやかに飾り付けがほどこされていました。

ディズニーランドをめいっぱい満喫して、3日目の朝。

ホテルが用意してくれたリムジンの到着をロビーで待っているときのことでした。

大輝くんは、こう言いました。

「大人になったら、シェラトンホテルの社長になる」

大輝くんは「シェラトンホテルの社長になって、たくさんの子どもたちを泊めてあげたい」と話していたそうです。




シェラトンからメイク・ア・ウィッシュに電話がかかってきたのは、1年後のことです。

「一般の人から総支配人を任命して、1日社長をやってもらうというプログラムをつくったのですが、その第1号を、ぜひ大輝くんにお願いしたいんです」

羽田空港に迎えにやってきたのはピカピカの社長専用車。

ホテルに着けば、社員の方々がズラリと並んで待ち構えています。

ホテルがこの日のためにわざわざ仕立てた小さなスーツに着替えると任命式、続いて重役会議。

ジャケットを羽織った大輝くんは、すでにカチンコチンに緊張しているようでした。

「社長、なにかご提案を」

重役会議ではホテルに対して提案をしてくださいと、あらかじめ大輝くんには伝えられていました。

「飛行機の窓からシェラトンが見えたんだけど、飛行機からシェラトンホテルってわかるように、屋上に絵を描くといいと思う。子供が喜ぶような…夏ならクジラ、冬なら雪だるまの絵」




大輝くんの発言に、「そういう発想があったか」

「とてもいいアイデアだ」と、会議室は一気に沸き立ちました。

2001年の7月。

それは体感温度が40度を超えた、とてもとても暑い日のことでした。

テレビを観ていたら、偶然、そのニュースが流れたのです。

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの屋上に、従業員によって体長20メートルのクジラの絵が描かれました」

たくさんの人々がペンキで色を塗り、照りつける太陽の陽を浴びながら、こぼれる汗を拭い、休むことのない数々の手…

もちろん、大輝くんのもとにもクジラの絵が実現したことは伝えられていました。

「絶対に見に来てね」と、宿泊券つきで。

「元気になったら行く」

そう言ったまま、クジラの絵が完成して3ヶ月後、大輝くんは絵を見ぬまま、11歳の若さでこの世を去りました。




その後、この大輝くんのクジラの絵のことは、『大輝くんのクジラ』という絵本になりました。




メイク・ア・ウィッシュは、「難病の子供の夢をかなえる」ことを唯一の目的とした国際的なボランティア団体です。

その中の活動により実現した話しの一つを紹介しました。
  1. 2012/10/17(水) 23:27:11|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間違いを認める

高校生の時は、新聞配達のほかにも、いろんなアルバイトをやった。

西銀座のデパートで、窓と床とお便所をきれいにして、1日340円。

封筒のあて名書きをやって、1日240円。錆付いた鉄板を磨く仕事が一番高くて、1日400円。

賄いを目当てに飲食店の出前のバイトもやった。




ある日、自転車に乗って出前をして、店に帰る途中、新宿の交差点で信号待ちしてたらさ、「おまえ、何しやがんだ!」って、おじさんが顔を真っ赤にして、ボクに近づいてきたんだよ。

「何って、なんなんですか?」

「なんなんですかじゃねぇだろう。ココを見てみろ!」

おじさんの車に横線が入っていたの。

ピッカピカの新車に長いひっかき傷が1本。

ボク知らないうちに、自転車の荷台に載っているアルミ箱の角かなんかで、ひっかいちゃったみたいで…。

「お前が働いてる店はどこだ。店の名前を言え!」

「言わないよ。ボク」

「言わないじゃないだろ、言えよ!すぐに店に連絡しろ!」





店、店の名前って言うから、ボクは言ったんだ。

「おじさん、ボクはアルバイトなの。1日230円。店のオヤジさん、いい人だから、ボクのかわりに払ってくれると思うけど、小さな店だし、そんな大金払ったら、大変なことになっちゃうよ。おカミさん、泣いちゃうよ。だから、店の名前は言えない」




「おまえのウチは?」

「ウチにお金がないからアルバイトをしてるの。おじさん、むちゃなこと言わないでよ。ウチの親から取ろうとしてるんでしょ。親が困らないようにボクがアルバイトしてるのに」




インチキはダメだ。

絶対に逃げないぞ、とボクは思った。




「おじさん、ボクをおじさんの会社まで連れて行って、その分だけ、働かせるのが一番いい方法だと思うんだよ。どれだけでも働くから。おじさんの車のあとを自転車で追いかけてついて行くからさ」




そしたらさ、おじさんが急に。

「君の言っていることが正しいな。ボクの言っていることが間違ってた」って。

「オレもキミみたいにアルバイトして、頑張った頃があって、今、車を買えるようになったんだ。そのことを思い出した。学校を卒業したら、オレの会社においで。ごめんな…」



おじさん、涙をためて「さよなら」って、名刺を1枚残して去って行ったの。

ボク、おじさんの背中を見ながら、泣いたよ。

ボロボロ泣いたよ。




ところがさ、ボク貰った名刺をなくしちゃって。

いつか恩返ししようと思ってたのに、なくしちゃって。

オレって、どう言う人間なんだろうかと自分を疑っちゃったよ。

それでテレビに出られるようになってから、いろんな番組でその話をして、活字でも言い続けたんだけど、おじさんからの連絡はなし。




昭和62年になって、ボクがテレビをやめようとしたときになって、やっと手紙が来たんだ。

「テレビや雑誌であなたが私のことを言ってくれていることは知っていました。でもあなたが懸命に働いている時に、名乗り出るのはイヤでした。あなたがお休みすると聞いたので手紙を書きました。ゆっくり休んでください」




すっごいでかい会社の社長さんだった。

「ボクが間違っていた」と言える人ってカッコいい。

そういうカッコいい人って、社長になっちゃうんだよね。


萩本欣一




という欽ちゃんの話しです。

欽ちゃんの言う通り、間違いを認めて謝れる大人、それが例え相手が子供であっても。

自分もそんな人でありたいです。
  1. 2012/10/16(火) 02:41:06|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

38度線のマリア

生涯で133人もの孤児を育てたことから、「38度線のマリア」と呼ばれた日本人女性のお話です。




1927年(昭和2年)、東京の杉並に生まれた永松カズさんは、父親の顔を知らないまま、4歳で母と満州へ。

2年後、愛する母親を亡くし、わずか6歳でまさに天涯孤独の身に。

農奴として転売されながら、満州の荒野を放浪。

終戦を迎え、いったんは日本へ帰るが、身寄りも無いうえに焦土と化した祖国に絶望し、育った満州に思いを募らせた彼女は、3年後に再び日本から半島に渡ったが、北緯38度線を越えることが出来ず、ソウルに留まる。




間も無くして朝鮮戦争が勃発し、その最中に胸を撃たれて銃弾に倒れた女性の胸に抱かれて血まみれになっていた男の子を助けたことをきっかけに、孤児達を自分の腕一つで助けていくことを決意した。




戦争の終結に伴い、ソウル市内にバラックを建て、孤立無援のまま肉体労働を重ね、露天で理髪業を営んだほか、軍手作りや豆炭売り、時には売血をして孤児達を育て続けた。

いつも30数人の孤児の世話をして、生涯で133人の戦災孤児を育てました。

一人の子供を育てるだけで大変なことです。

それを女手ひとつで、なかなか出来ることではありません。

やがて彼女はソウルの人々の間で「愛の理髪師」と呼ばれるようになり、韓国内にも日本にも支援者が増えていきました。




1971年に、朴正煕大統領から韓国名誉勲章が授与された。

名誉勲章叙勲式の際には、大統領府に普段着に下駄履き姿で現れ、慌てた職員から靴だけでも履き替えるように申し出られたところ、「私は他に何も持っていません。これでだめなら帰ります」と断固として拒否し、そのまま叙勲式に臨んだというエピソードがあります。




「転んでも転んでもダルマの如く立ち上がれ」の言葉が子供達への口癖。

卑屈な生き方を嫌い、甘えを許さなかったカズは、ダルマの親子の絵を描いて壁に貼っていた。

その精神は日本人としての誇りでした。

生涯日本人としてのアイデンティティを守り続け、反日感情の強かった当時の韓国においても、普段から和服とモンペ姿で通し、端午の節句には遠慮なしに鯉のぼりを立てていたそうです。

長年重労働を続けていたことから、次第に体調を崩すようになり、56歳の若さで亡くなりました。




「温室の花の如く育てず、いかなる暴風雨でも耐え得る根の深い木に成長させようとされた」。

残された子どもの一人は、葬儀で涙ながらに手紙を読み上げたそうです。




という話しです
戦後の混乱期に単身、国外で献身的に活動されていた女性がいたなんて知りませんでした。こういった方の話しがもっと広まればいいですよね。
  1. 2012/10/04(木) 13:39:57|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。