泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

将来の夢はなんですか?

私が小さな小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃、私の担当には小さな個人商店がありました
 
先代の社長を亡くし、若くして後を継いだ社長には二人の男の子がいました
 
経営は苦しく、競合ひしめく地域で経験の無さも手伝い、大手にお客さんを持っていかれ見てるのも悲惨な状況の中必死に頑張る社長の姿がありました
 
苦しい経営の割りには支払いは良く無理も言わず、若い私にも優しくしてくれました
 
「一緒に成長しような」と、いつだって前向きな社長が私も大好きで、いつもそこにお邪魔しては商売の話やガンダムの話しに花を咲かせていました
 
私の会社には特別な得意先に配る野球券(東京ドーム)があり、先代の社長が健全で売り上げが好調だった時にはたまに配ったりもしていたのですが、やはり担当営業に配分される年間シート割り当ては昨今の不況の影響で大幅に減り、貴重な営業ツールとなっていました
 
 
 
ある日「〇〇君…頼みがあるんだけど」と私に切り出してきて、「来月隼人の誕生日なんだけどな…野球が好きなんだよ、この売り上げじゃ貰えないと思うんだけど、頼む!」
 
と珍しくわがままを言ってくる社長の言葉に断りきれず野球券をあげました
 
 
 
しかし社長はその月、事故で亡くなり野球券は仏壇に飾られることになった
 
棺桶の隣に楽しみにしていた野球券がそっと置かれているのを見た時、涙が止まらなかった
 
 
 
数ヶ月後、亡くなった社長の会社は潰れた
 
 
 
それから8年経った後、私は分不相応にも営業3課長の任を受けました
 
そして二次面接の面接官をしていた時、懐かしい声が聞こえました
 
「〇〇大学の〇〇隼人です」私には彼が誰かすぐに分かりました
 
あまりに声があの社長にそっくりで…私は彼に一つだけ質問をしました
 
 
 
「将来の夢はなんですか?」
 
そしたら面接で言わなくていいことを堂々と「独立して会社を興すことです!父を超えたいんです!」
 
私は隣にいた人事部長に言いました
 
「僕が預かります…」
 
彼は今年度、営業戦略拡販商品のトップセールスに選ばれる事になりました
 
これから先、会社を辞めて独立したいといった時はもう止める気はない
 
 
 
  1. 2012/06/09(土) 17:38:43|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子どもたちは花の種 ~ マサフミという少年 | ホーム | 天国からの手紙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/100-8e11c23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。