泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

38度線のマリア

生涯で133人もの孤児を育てたことから、「38度線のマリア」と呼ばれた日本人女性のお話です。




1927年(昭和2年)、東京の杉並に生まれた永松カズさんは、父親の顔を知らないまま、4歳で母と満州へ。

2年後、愛する母親を亡くし、わずか6歳でまさに天涯孤独の身に。

農奴として転売されながら、満州の荒野を放浪。

終戦を迎え、いったんは日本へ帰るが、身寄りも無いうえに焦土と化した祖国に絶望し、育った満州に思いを募らせた彼女は、3年後に再び日本から半島に渡ったが、北緯38度線を越えることが出来ず、ソウルに留まる。




間も無くして朝鮮戦争が勃発し、その最中に胸を撃たれて銃弾に倒れた女性の胸に抱かれて血まみれになっていた男の子を助けたことをきっかけに、孤児達を自分の腕一つで助けていくことを決意した。




戦争の終結に伴い、ソウル市内にバラックを建て、孤立無援のまま肉体労働を重ね、露天で理髪業を営んだほか、軍手作りや豆炭売り、時には売血をして孤児達を育て続けた。

いつも30数人の孤児の世話をして、生涯で133人の戦災孤児を育てました。

一人の子供を育てるだけで大変なことです。

それを女手ひとつで、なかなか出来ることではありません。

やがて彼女はソウルの人々の間で「愛の理髪師」と呼ばれるようになり、韓国内にも日本にも支援者が増えていきました。




1971年に、朴正煕大統領から韓国名誉勲章が授与された。

名誉勲章叙勲式の際には、大統領府に普段着に下駄履き姿で現れ、慌てた職員から靴だけでも履き替えるように申し出られたところ、「私は他に何も持っていません。これでだめなら帰ります」と断固として拒否し、そのまま叙勲式に臨んだというエピソードがあります。




「転んでも転んでもダルマの如く立ち上がれ」の言葉が子供達への口癖。

卑屈な生き方を嫌い、甘えを許さなかったカズは、ダルマの親子の絵を描いて壁に貼っていた。

その精神は日本人としての誇りでした。

生涯日本人としてのアイデンティティを守り続け、反日感情の強かった当時の韓国においても、普段から和服とモンペ姿で通し、端午の節句には遠慮なしに鯉のぼりを立てていたそうです。

長年重労働を続けていたことから、次第に体調を崩すようになり、56歳の若さで亡くなりました。




「温室の花の如く育てず、いかなる暴風雨でも耐え得る根の深い木に成長させようとされた」。

残された子どもの一人は、葬儀で涙ながらに手紙を読み上げたそうです。




という話しです
戦後の混乱期に単身、国外で献身的に活動されていた女性がいたなんて知りませんでした。こういった方の話しがもっと広まればいいですよね。
  1. 2012/10/04(木) 13:39:57|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<間違いを認める | ホーム | バスジャック事件が教えたもの>>

コメント

こないだ、たまたまテレビで見ました

いい話ですよね


  1. 2013/01/07(月) 12:32:15 |
  2. URL |
  3. テレビっ子 #-
  4. [ 編集 ]

大変素晴らしい話で、思わず感動してしまいました。調べてみたら他にも、田内千鶴子さんや和夫一家など、
他にもこういう方がいらしたみたいですね。こんな時代だからこそ伝えていきたいですね。
  1. 2012/12/22(土) 12:34:47 |
  2. URL |
  3. n・w・o #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/132-49046152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。