泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分をえらんで生まれてきたよ

雲の上から、お姉さんとお兄さんを見て、「どの人がやさしいかなあ」って、見ていた。

それで、ママのところにした。

ママなら、心のことをわかってくれると思ったら。




生まれる前、ぼくはすごく強い赤ちゃん忍者で、しゅりけんで、51人やっつけて、「もうママは、だいじょうぶ」って思ってから、おなかの中に入った。

ママのこと、かかしみたいに、守っていた。

ぼくは、ママを守っているんだよ、いまも。




赤ちゃんが病気のときは、「苦もあれば、後から楽もある」ということを、神さまが、伝えてくれている。

だから、心配しなくていい。

赤ちゃんが生まれたおうちには、必ず、楽がある。

というか、生きているものには、必ず、楽がある。




赤ちゃんは、どのお母さんにするか、どんな体にするか、どんな性格になるか、自分で決めて生まれてくるのが、ふつうだよ。

僕が病気で生まれたのは、病気で生まれる子や、お母さんちを、励ますためだ。

だから、ママは、ぼくの言葉を、みんなに教えていい。

ぼくは、病気だったから、幸せなんだ。

ぼくは、病気だったから、心の言葉が話せるんだ。

だから、いつか、心の幸せを配るサンタさんになるんだ。




ぼくがかわいいのは、ママがぼくを守るためだよ。

ぼく、かわいがられるために、生まれてきたんだよ。

ママは、かわいがってくれると思ったから。




人は必ず、喜びをもっている。

たとえば、生きる喜び。悲しめる喜び。

じつは、悲しめるというのは、幸せなことなんだよ。

いろいろな気持ちは、ぜんぶ幸せなんだ。

悲しめる喜びというのは、悲しんだ後、またハッピーになるでしょ。

そのハッピーは、前のハッピーより、もっと大きいハッピーになる。

だから、悲しみって、たいせつなんだよ。




人は、みんなにいいことをするために、生きている。

それを、「自分の仕事」という。

みんなのために働かないと、仕事とは呼ばない。

「自分の仕事」がなければ、生きていけない。




といく印鑰理生(いんやくりお)君のお話しです 。

お母さんは、りお君の事を「ちょっぴり個性的な心臓と肺をもって、この世に生まれてきた」と言います。

この詩は、りお君の小さい頃からのおしゃべりを、お母さんがまとめたものだそうです。

人は、みんな「自分」を選んで生まれてきた。

いいことをするために生きている。

ステキな話しですね
  1. 2012/11/22(木) 12:57:26|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<先生大好き!ありがとう | ホーム | 親不孝丼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/138-36c5838c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。