泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クロスカントリー

先日行われたソチオリンピック

いろいろ話題になった中で素敵な話しを紹介します




2014年02月11日に行われたクロスカントリー男子スプリント競技

ロシア代表のアントン・ガファロフ選手がレース中に転倒し、スキー板が折れてしまうハプニングが起こった

ガファロフ選手はそれでも立ち上がり 、何度も何度も前に進もうとするが、その度にスキー板の破損を悪化させ、終いには木っ端微塵となった・・・

もはやどうすることも出来ない状況の中、突如コース内に誰かが突然侵入してきました

その人は、実はカナダコーチであり、1本のスキー板を持ってコース内に飛び出し、ロシア選手にスキー板を手渡し交換したのである

ファロフ選手は競技を再開し、みんなとは大きく遅れたものの、無事にゴールすることができた

同じチームの選手ではなく、競技では敵チームとなるはずなのに、そのカナダコーチは迷わずスキー板を差し出したのだという

ちなみに、他の選手に道具を貸し与えるのはルール違反ではないので、失格にはならないそうです




カナダコーチへのインタビューで「見ていることができなかった。ロシア代表のガファロフ選手に母国で恥をかかせたくない一心だった」と思いを語ったのだという

素敵な話しですよね、さすがオリンピックですよね

しかし、この話しには続きがあります




実はこのカナダコーチの妻は元アスリートでトリノ五輪のスキー距離女子団体スプリントのチーム員だったそうです

その妻のチームメイトがトリノ五輪スキー距離女子団体スプリントの決勝戦でストックが折れてしまうというハプニングが起こったのだそうです

メダルのかかっている決勝戦

そんな中起こったハプニングによってメダルは絶望的と思われたが、その中でまさかの事態が!なんと決勝戦に出ているノルウェーのコーチがコースに飛び出て、カナダチームに新しいストックを渡したそうです


これだけではありません・・・実はストックが折れていた時にカナダは4位まで後退し、メダルの届かない順位にいました

そして、ノルウェーはカナダよりも前におりメダル圏内でした

このまま放っておけば強いカナダはそのまま脱落して順位を落とし、自国のチームがメダルを獲得するという状況下でストックを手渡したのです

その結果、カナダチームは順位を上げ、銀メダルを獲得

反面、自国のノルウェーチームは4位となりメダルを逃すこととなってしまいました




普通に考えたらオリンピックという大舞台で、メダルにこだわる人間ならば有り得ない行動です

そんな中行動は、まわりから誹謗中傷されることは間違いありません

が、しかしカナダ・ノルウェー両国で話題騒然となり、批判等をするのではなく、このコーチを讃えたそうです

カナダからはこのコーチに7400個ものメープルシロップが送られ、ノルウェー国内でもコーチが支援するガン撲滅慈善団体に270万円もの寄付が行われたそうです




この時のトリノ五輪の恩があったので、ソチ五輪でカナダコーチは飛び込んだのだと思います

さすがオリンピック
スポーツには国境はないですね
  1. 2014/02/14(金) 01:44:03|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「母からの手紙」 | ホーム | だからいつも笑顔で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/145-7a2276d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。