泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コトバをこの子にください ~『まさやと歩いた遠い道』

もう駄目かもしれない、と悩むことがある。
 
なぜ、私たちだけが苦しまなければ、と思うこともある。
この先はない、と絶望のどん底に叩き落とされることもある。
けれども、先がないなんて、誰が決めるのだ。
そう思って、前へ、そう、前へ踏み出さなければ、何も始まりはしない。
この話の主人公も同じだった。
 
 
 
 
郡山で生まれた昌也ちゃんは小さな赤ちゃんだった。
 
二千五百グラムしかなかった。
 
でも、母親の法子さんは、小さく産んで大きく育てるということもあると気にしなかった。
 
元気な赤ちゃんだったが、生後一カ月半のころ、昌也ちゃんは、鼻血を出し、便にも血が混じった。
 
医者にみせたら、「風邪でしょう」と言われた。
 
気をつけていたら、それから間もなく、両耳から出血した。
 
溶血性貧血かもしれないと言われた。
 
月一回通院しているうちに病気の心配はなくなった。
 
とても静かに寝ている子だった。
 
すくすくと育った。
 
一歳半の時、昌也ちゃんは保育所に入った。
 
ほかの子がカタコトを言いながら遊び回っているのに、昌也ちゃんだけが違った。
 
上の子に比べても、言葉が遅いような気がした。
 
二歳になっても、昌也ちゃんは変わらなかった。
 
東京の国立病院の診察を受けることにした。
 
言葉が遅いというので精神科の診断を受けたが、異常はなかった。
 
法子さんは耳鼻科に回った。
 
耳も悪いが知能も遅れていると言われた。
 
「そんなことがあるものか」信じられなかった。
 
別の国立病院へ行った。
 
重い難聴の疑いがあった。
 
だが、東北の病院ではどうにもならない、と言われた。
 
帝京大学耳鼻科の門を叩いた。
 
障害者手帳を受けなければならないほどの聴力損失だと診断された。
 
血の気が引いた。
 
倒れそうだった。
 
必死にこらえた。
 
診断した教授の言葉だけが支えだった。
 
「きっと話せる。お母さんの努力次第です。この子の一生があなたにかかっています」
 
その日から、昌也ちゃんと法子さんの東京通いが始まった。
 
週一回、帝京大学の言語治療教室で治療を受けた。
 
上の子の世話もままならなかった。
 
夫が支えた。
 
「昌也はお前にしか育てられないんだ。家のこともやらんでいい。おれらは、我慢するから、昌也をしっかり頼む。大きくなって、昌也が兄ちゃんを頼らんならんようになったら、おれら恥ずかしい。この子に対して顔向けならん、頼む」
 
一家は昌也ちゃんのために、非常体制をとり、法子さんは昌也ちゃんをサラシの紐で背負い、東京へ通った。
 
三歳児でも重い。
 
「この子に言葉をください。言葉をください」
 
胸に必死で繰り返し、法子さんの東京通いが続いた。
 
三カ月がたった。
 
ある日、昌也ちゃんがお祖母ちゃんに饅頭を手渡しながら、言った。
 
「ダジョ」
 
お祖母ちゃんは嬉し泣きに泣いた。
 
「お母さん」を「ダーバン」としか言えなかった昌也ちゃんの言葉が、「タータン」になり、「オカータン」と言えるようになった。
 
法子さんは昌也ちゃんの言葉の成長の記録を克明に記し、訓練を続けた。
 
昌也ちゃんは、「パパ、オカエリ」「オカータン、オカエリ」とあいさつが出来るようになり、やがて幼稚園から小学校、中学校と進み、中学校では生徒会の副会長に選ばれた。
 
自立出来るようになった昌也君を見て、法子さんは思った。
 
「もう一回子どもを産むんだったら、またこの子でよい」
 
親子で道を踏み分け進んで来た法子さんの道程は『まさやと歩いた遠い道』という本にまとめられ、福島の九クラブが合同事業として支援した。
 
この本は、その後、難聴児を抱える全国の母親のバイブルとなって読み継がれていった。
 
 
 
  1. 2012/02/28(火) 03:00:17|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ARIGATO作戦 | ホーム | 日本一のパパ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/58-e2303e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。