泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生まれ変わってもお母さんの子供がいい?

「生まれ変わってもお母さんの子どもがいい?」


この話はある和尚さんがPTAの会合等で若いお母さんによくお話するそうです。


自分のお子様を前に立たせて、こう聞いてみてください。


「あなたもう一度生まれてくるとしたら、もう一度お母さんの子どもに生まれてきたいかい?」と、その時たいていの子どもは、「冗談じゃないよ」って言うかもしれません。でも、冗談じゃないよって言っても良い。その時こう言って欲しいのです。

「私はお前のお母さんとして生まれて来て良かった」と…。そう言うお母さんが、今は求められているのです。



お父さんであれば、自分の息子を前にして、「お前は俺の息子に生まれて良かったか?」と聞き息子がどんなへらず口を答えたとしても、

「俺はお前の親父として生まれてきて、これほど良かったことはないよ」と言ってあげることが出来る、お父さんが必要なのです。

そして役割が違えば、例えばご主人であれば、奥さんを前にして、「俺はお前の夫になったことを、とてもうれしく思う」と一言言えるか、思えるかが非常に大事なことだと思います。

そのことが言えるような豊かな気持ちが必要だと思います。

この話を聞いた、あるお母さんがこのような手紙を書いて来たそうです。


和尚さんの話を聞き、私の家でも小学校3年生と1年生の娘2人との関係について、いろいろと反省させられました。

先日ふと娘たちに「生まれ変わってもママの子どもがいいかな?」と尋ねました。

上の娘は目にいっぱい涙をためて「ママとパパの子どもが一番に決まってるよ」と、「でも死んだら何もかも忘れるから、死んだらだめだよ。ママ死んだらだめだよ」と言いました。

下の娘はニコニコしながら、「ママが一番好きだから、また子どもになりたい」と言いました。

私は急に胸がジーンとし、二人を抱き締めました。子どもをありがたいとつくづくそう思いました。

他人さまからみると、出来の悪い子どもかもしれませんけど、私と主人からみると宝物です。
これからの長い人生ともに頑張って行こう、そう思いました。


という、微笑ましい話しです





しかし、このような家族だけではありませんので、もう一つご紹介します。



32歳のお母さんで、5歳と3歳になる二人のお子様がいます。

38歳の会社員のご主人が酔っ払い運転で、無理に追い越しをしたが為に対向車と正面衝突し双方ともお亡くなりになりました。

ご主人の過失の為に、相手の死んだ青年の両親から奥さん宛てに慰謝料の請求が来たそうです。

保険金もあまり出なかったので、奥さんは、将来家を建てる為に貯金し始めていたお金97万円、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・洋服ダンス・時計・指輪・夫の洋服すべて売りました。

その代金23万円と合わせて120万円をお見舞い金としました。

また、夫の退職金全額を差し上げる条件で、ご遺族に持って行きました。

ところが、こんな少額では納得がいかないと、投げつけられたそうです。
家に戻っても、お子様2人は、お父さんが死んだことを理解出来ないので、「お父さんどうしたの?」、「なぜテレビが無くなったの?テレビが見たい」とせがみ泣き出したそうです。


子どもたちは今、すやすやと眠っています。これからお父さんの元へ行けるのもしらずに…

私と子どもとの命と引き換えに、夫の罪をお許し下さい。

そのむね、ご遺族のご両親にお取り払い下さいますようお願い申し上げます。




これは遺書の写しです。

この手紙のあと、2人のお子さんに薬を飲ませ、別府湾に入水自殺されたのです。

この話は大分の交通安全大会で朗読され、その奥さんの遺族の方が、酔っ払い運転はこう言う悲劇を生むのです。

と言う意味で、この和尚さんに下さったそうです。





先ほどとは逆に、子どもは親を選べません。

だからこそ親の生き方、生き様について行くしかないのです。
もっと生きたかったこの子どもたちは、自分たちで人生を歩んで行くことが出来なくなったのです。

自分は子を持つ親ではないので、子を持つ親の方ほど理解できてないかもしれません。

でも、この気持ちを忘れないようにしたいと思います



  
  1. 2011/10/23(日) 18:31:30|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪絵ちゃんとの最後の約束 | ホーム | 感謝に勝る良薬なし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/6-0d9482f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。