泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石にしがみついてでも

宮城県の沿岸の都市、とある酒屋が今回の大地震と津波で壊滅的な打撃を受けた。

片づけに忙しい店の若者。

老いた母が見守る。

そこに制服の自衛官が来て、1枚の紙を示した。

「招集令状」である。

若者は元自衛官であり、万が一の時に招集に応じる即応予備自衛官であったのだ。




若者は令状を示す自衛官に直立して、「了解しました」と招集に応じる意思を示した。

横からテレビのリポーターが「家がこんな状態なのに行くんですか」と聞く。

「そのために何年も訓練してきたんです。いま行かなければ、10年、20年と後悔しますから」

そばにいた母が「人のためだから、行きなさい。うちのことは何とかするから」と声をかけた。

テレビニュースでの一コマである。




来年のロンドン五輪代表に決まっている射撃の森ゆかり選手も即応予備自衛官。

主婦である彼女には招集令状は来ていないが、森さんは「訓練を受けてきたので、被災地に行って活動したい」と語っている。





元自衛官で、万が一の際、自衛隊に復帰して現役なみの活動を期待されているのが即応予備自衛官である。

現在約5600人。

その他の元自衛官や一般の人が訓練を受けて、万が一の時に活動するのが予備自衛官で約3万2千人。

いずれも志願である。

今回の震災ではこれまで延べ約1300人の即応予備自衛官が招集された。

彼らは自分の仕事を投げ出して、任務に当たっている。




もちろん、現役の自衛官も大活躍だ。

行方不明の被災者を懸命に捜す自衛隊員。

隊員のひとりに奥さんから携帯メールが入った。

「お父さん、無理しないで」

隊員はすぐに返事を送った。

「いま、無理しなかったら、いつ無理をするんだ」

宮城県で行方不明者の捜索の指揮をとっているある自衛官は「隊員は精神的にも肉体的にも限界を超えている。しかし、ここでわれわれが弱音を吐いたら、だれが行方不明者の捜索を行うのか。石にしがみついてでも最後までやり抜きます」と語った。
  1. 2012/03/26(月) 08:30:06|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<殉職の父と同じ志を胸に | ホーム | 震災でうまれた命>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/75-e42316e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。