泣けるまぁちゃんねる

泣けるまぁちゃんねるでは 泣ける話し 感動する話し 素敵な話し 優しい気持ちになれる話し 心温まる話し そんな話しを紹介するブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢の時を生きる

夢の時間




大人であること


それ自体が

夢を生きていること


気づいていますか?




小児がん病棟に

一人の男の子がいました。


彼の名はしゅんくん。


彼の脳の腫瘍は手術できないものでした。




でも彼はいつも

看病してくれる人たちに

明るくふるまっていました。


病状が進行したある日、

彼は斜視になっていました。


そのことに気づかせないように、

お母さんや看護師さんは

必死に鏡を隠して、

夜になると、

窓が鏡の代わりになるので、

カーテンをしめていました。




ある日、

そんな事情を知らない

一人の新米看護師さんがやってきました。


彼女の胸ポケットに手鏡があることに気づいたしゅんくんは、

「その鏡貸して!」といいました。




鏡を見たしゅんくんは、

変わってしまった自分の顔を見て、

泣くこともなく一言いいました。




「僕が鏡で顔を見たこと、

お母さんには黙っててね。

きっと悲しむから。」




そんな心優しいしゅんくんが、

一度だけ我がままを言いました。


亡くなる2日前のことでした。




「僕は大人になりたいよ」


そう周りの人に訴えたのです。


周りの人たちは慌てて

「何言ってるの?

なれるに決まってるよ!」

その姿を見て、

大人たちの姿を見て

しゅんくんは口をつぐんでしまったのです。




彼の夢は

「大人になること」




大人の私たちは今、

彼が夢見て果たせなかった

そんな「夢の時」を

生きているのです。




「仕事がなくて死にたい」

そんな状態だったとしても、

彼が生きていたらきっと、

笑って、「大丈夫」って思ったでしょう。


「失恋して死にたい」

そんな状況でも、

彼だったら、

その失恋を笑ってやり過ごしたでしょう。




彼の夢は

「大人になること」


それが叶っているのだから。




私たち大人は今、

「夢の時」を生きています。


だから、

たとえ辛いことがあったとしても、

「夢の時」を

生きていきたい。



  1. 2012/06/04(月) 14:44:50|
  2. 泣ける日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<天国からの手紙 | ホーム | 私を見守る人がいる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fc2marchan.blog.fc2.com/tb.php/98-6f98d390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【夢の時を生きる】

夢の時間大人であることそれ自体が夢を生きていること気づいていますか?小児がん病棟に一人の男の子がいました。彼の名はしゅんくん。彼の脳の腫瘍は手術できないものでした。でも...
  1. 2012/06/08(金) 02:55:10 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。